Episode 03

バスの廃材を用いたスクラップアートの作品制作・プロモーション・販売

バスの廃材を用いたスクラップアートの作品制作・プロモーション・販売
  • PROJECT
    廃車となるバスにアート作品として新たな命を吹き込む。

    廃車となるバスにアート作品として新たな命を吹き込む。

    福岡の交通手段として身近な存在である西鉄バス。
    通学につかった、特に雨の日には重宝した。
    人それぞれの思い出が詰まっている西鉄バス。
    そして、交通機関としての役割を果たし、
    静かに廃車という終わりを迎えようとしている西鉄バス。
    その西鉄バスに新たな息吹を吹き込み、 アート作品として再生しています。

  • CONCEPT
    思い出がまた走りだす。

    思い出がまた走りだす。

    公共交通機関としての役目を終えて廃車となる西鉄バスがその後、アート作品として再生することで、
    SCRAP ARTが皆さんにとって身近な空間の中で、
    新しい思い出を創出する存在になってくれたらと願っています。

  • CREATIVE
    バスは走るだけじゃない。

    バスは走るだけじゃない。

    廃車となった路線バスの車体を手作業でカットし、ミリ単位で加工しています。最後は、鍛治の技術で丁寧につくられたアートフレームが装飾します。
    プロたちの手によって、街の景観がアートとして生まれ変わり、バスが”乗る対象”から”見る対象”へと姿を変えています。
    CUTTING
    by Nishitetsu Auto Body Technology Co.,Ltd. METALWORK
    by sanmatsu Co.,Ltd.
    FRAME
    by MAio-108 REUSE
    by Kyushu Metal Industry Co.
    プロジェクトコンセプトムービー"THE SCRAP ART"をyoutubeで配信しています。
    職人たちの洗練された技術を是非ご覧ください。
    https://www.youtube.com/watch?v=foxmkdDpJuI&t=2s

  • LAUNCH
    第一弾車両の発表・ギャラリー展を実施し、オンラインストアも開設。

    第一弾車両の発表・ギャラリー展を実施し、オンラインストアも開設。

    第一弾の車両となったのは車番「3228」1996年にモデルチェンジとして開発された「96MC」対応の初期車両。三菱ふそうのMP 型車で、モデルテェンジによりバンパー形状が変更になりライトは丸→角に変更されました。北九州の恒見自動車営業所と門司自動車営業所が管轄するエリアを走行していました。ギャラリー展は多数のメディアにも取材され、直接SCRAP ARTを見ていただく
    貴重な機会となりました。オンラインストアでは随時販売を行っておりますので是非ご覧ください。

    SCRAP ARTについてはこちら
    オンラインストアはこちら

contact

nishitetsu agencyへの
ご依頼はこちらから

お問い合わせ